男性側にある不妊の原因

男性側にある不妊の原因

昔は不妊の原因は女性の側に問題とされていて、不妊の問題が嫁姑問題に至り、ついには離婚話にまで発展するという話を聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし1990年以降、不妊の原因が男性にもあるということが明らかになってきました。その率は増加しているようです。ある調査によると、不妊の原因40%が女性にあり、45%が男性不妊による原因という報告が寄せられています。

 

では男性不妊の原因はなんでしょうか。

 

遺伝性のものと発育段階で受けた影響によって、性機能不全になる。また病気、ストレス、アルコールや、薬の影響で精巣の損傷、機能障害。また射精に関係する問題などがあります。

 

女性の場合と同じく、男性のほうも妊娠しやすい体を作るため努力が必要です。アルコールを控えるようにしましょう。飲みすぎると性欲を低下させ、精子を減少させてしまう恐れがあります。またストレスを避け、栄養ある食事をとるよう心がけましょう。

 

ホルモンのバランスが悪くなると、精液の中に精子が少なかったり、最悪の場合精子が全くないこともあります。また精子の運動が弱まり妊娠しにくくなります。

 

老化も原因のひとつです。ですから老化防止につながる行動を起すべきでしょう。たとえば、話題の血液クレンジングをしてみるのも良いかと。こちらの血液クレンジング料金のサイトで詳しく解説しています。

 

一般的に普通の夫婦生活をしていて、2年たっても妊娠しないなら不妊ということになります。どちらかに原因があるとしても二人で乗り越えていく問題なので、病院に行く時は、二人で一緒に行って医師に相談し、適切な検査や指導をしてもらうことが必要です。