不妊症で知られる芸能人

不妊症で知られる芸能人

不妊症で知られている芸能人、意外とたくさんいます。有名な方の一人として、記憶に新しいのが、東尾理子さん。不妊症のため、実際に不妊治療を行っているということで、一時期話題になりました。

 

一般的に命にも危険があるといわれる高齢出産は35歳からです。東尾理子さんは、まさにその35歳から治療をはじめられたそうです。

 

もちろん費用もそれなりにかかりますし、体調の管理を個人でも行っていくことが大切です。治療の際には、何種類もの注射を打つ必要もあります。

 

最初はタイミング法といわれる治療から始め、6回ほど人工授精は失敗に終わり、ホルモン注射を定期的に打ち続け、待望の妊娠を待っていたそうです。そして、2012年11月にめでたく、男の子を授かり無事、出産することができました。

 

次に西村知美さんです。不妊症を抱えていて、いろいろな治療法を試してみたいと思い、ご主人にも相談しました。

 

しかしご主人の同意を得ることができず、不妊治療は断念されました。妊娠、流産、を二度繰り返しあきらめた頃、不妊治療なしで女の子を出産することができました。時おり親子でテレビに出演されていますね。

 

他にも、千堂あきほさん。最近あまりテレビで見なくなりましたが、千堂さんも不妊症に悩み、6年間にもわたって不妊治療を受け、妊娠を試みていました。結局、途中で治療は中止されましたが、西村さんと同じく自然妊娠でお子さんを授かることができました。

 

治療を行うか行わないか、いずれにしても不妊症と戦うには、精神面でも体力面でも忍耐がいります。特に子どもがほしいと思ってもできないカップルにとっては、ストレスになるかもしれないですね。

 

しかし西村さんも、千堂さんも、今では二人の子どもに恵まれています。希望を捨てないようにしていきたいですね。

 

芸能人ママさんも愛用している人気の粉ミルクはこちら。

 

ただし、粉ミルク中心の子育てはあまりよろしくないので、あくまで母乳中心で育ててあげてくださいね!