不妊に効くアロマ

不妊に効くアロマ

なにかと健康面で話題になるアロマの効果。アロマが不妊症治療にも効果があるのか気になるところですね。

 

アロマはストレスを軽減したり、女性ホルモンのバランスを整える助けになるので、妊娠する可能性は高くなります。アロマといっても、種類がたくさんありますので不妊症効果のあるものとして挙げられているものを紹介します。ローズ、サイプレス、ジャスミンなどです。

 

どのような効果があるかを挙げていくと、ローズはホルモンのバランスを整える助けとなり、不妊症のほか、子宮強壮、生理前緊張症、生理不順、多量月経、子宮脱などの症状にも効果があるようです。

 

次にサイプレスは、卵巣機能の正常化また過剰分泌の抑制を行ってくれます。そしてジャスミンです。精神的な沈静と、とても強いリラックス効果があります。ジャスミンは男性にも女性にも生殖能力をアップさせる効果があります。男性の精子量を増加させてくれますし、女性の月経痛を和らげたり膣の感染症を取り除く働きがあります。

かし妊娠が分かったならホルモンバランスの関係で使うことのできないアロマもあります。また妊娠初期と中期でも使用できるアロマが違ってくるので、自分で調べたり、専門家に相談することが大切です。

 

ちなみに妊娠初期に禁忌のアロマもあります。 カモミール ジャーマン 、カモミール ローマン、ラベンダーです。残念ながら、アロマの効果で確実に妊娠につながるという保証はないですが、いろいろな方法を試してみて、妊娠しやすいような体や環境づくりをしていくとよいでしょう。