プチプラメイクを楽しもう

プチプラメイクを楽しもう

プチプラコスメは品質が心配……という人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、デパートのカウンターでしか買えないような高級コスメと同等の品質とは言えません。安いぶん、どうしても品質面は劣るでしょう。

 

プチプラつまりプチプライスを実現させるためにはコストをカットしなければならず、コストをカットするためには品質を妥協しなければなりません。

 

しかし、使ってすぐにかぶれたり肌が荒れたりするほど酷い品質ではありません。そんなにも酷い品質ならそもそも商品化されないからです。

 

どうしても品質が気になる、ということでしたら、プチプラコスメの中でも肌に触れる面積が多くなるスキンケアアイテムはプチプラにしなければいいのです。同じ理由で、化粧下地やファンデーションといったベースメイクアイテムも避ければより安心できます。

 

もっとも、プチプラコスメが真価を発揮するのはカラーメイクアイテムです。

 

アイシャドウやチークやグロスはカラーバリエがありますから、ひとつあればそれで充分ということがないですよね。何色もそろえたくなります。

 

また、同じピンク系でも微妙に異なるピンクをいくつもそろえたりと、似た色合いをそろえたくなるのもままあることです。

 

似たような色をいくつも持っていてもしょうがないのでは?と思うかもしれません。ですが、同じ系統の違う色合いは組み合わせしやすかったりグラデーションにしやすいという利点があります。

 

それから、プチプラコスメはドラッグストアやバラエティショップ等でセルフで選べるのも魅力です。デパートのカウンターに足を運ぶのとは違い、気軽な価格帯の物を気軽に選べるというわけですね。